GTO10~18 藤沢とおる

c0025437_2311836.jpg
こっちも楽しい!
こっちも絵はきれいだし、飲み込まれるストーリーだし、とまらなくなっちゃう漫画だと思います。

雅と麗美(とトロ子)の話がね・・・なかなか好きです。
HPには実は三人ので写ってる写真を載せていた、なんて麗美の気持ち考えると、なんともいえない気持ちになりますね。
「も~、雅素直になりなよー」って思うばかりです。
麗美は雅のこと思いやる気持ちがあるのにさ、雅だけだよ?つっぱってんのは。
クラスのみんなだって雅のこと好きなのに。
つき返そうとしなくてもいいじゃんね。

私は麗美が好きなので、麗美の話がたくさんあること巻(10~18)はとても楽しかったです☆

てか、内山田教頭ですよ!
やっぱり、最初は「教師」の熱意があっても、生きていくと、年をとっていくと、いろんな欲に汚されていってしまうものなのでしょうかね?

腐った教育魂の人に昔「純粋な熱意」があったのを見て「こういう人にあったのか」と変な気がしました。
私の中で、純粋な熱意が汚れていくっていう発想?道?がありませんでした。
腐った教育魂の人は最初からそういうかげりがある、という意識だったのかもしれません。

なんか尻切れトンボみたいな感じですが、すみません、睡魔限界です、おやすみなさい。
[PR]
by sumomomomomomo55 | 2005-03-03 02:30 | オススメコミック
<< 羊をめぐる冒険(上) 村上春樹 DEATH NOTE 大場つぐみ >>