四日間の奇蹟 朝倉卓弥

c0025437_16432937.jpgごめんなさい。読む前に期待しすぎてました。そんななかったです、ハイ(^^;

先に悪いとこ言っちゃうと、細かすぎ!
説明とか描写とかもっと省けるとこあるし。
もっとコンパクトに、どこかに重点を置いて話を書いていって欲しい。
なんか全てがまんべんなく書かれているのでちょっと嫌でした。
丁寧に書かれているから大事なとこもしっかり書かれていると思うんだけど、省いていいとこをちゃんと省けばその大事なとこがちゃんと引き立つと思うんだけどな。

次に、ぶっちゃけ仕掛けがあんまりよろしくない。
入れ替わりも予想できたし、手袋も予想できた。千織の親が施設に関わっていたことも藤木さんの言葉で予想できたし。
伏線がすごいって聞いてたから「どこが伏線なんだろう」ってわくわくしながら読んでたのに。
なんか・・・「このミステリーがすごい」っていうタイトルなのにあんまりミステリーの深さがなかったからがっかりすぎです。
評判に左右されて期待しすぎた私も私ですが・・・。

分厚い文庫本だけど「このなかにものすごいミステリーがつまってる!」と思い、
長いけど一気に読んでやろうと思って「ミステリーのすごさ」を楽しみに読んでいました。
分厚いから幾ら読んでも半分までいかないんですよね涙
でも読んでて、やっと半分で、ちびちび残りをつめていくにつれ・・・不安。
「え!?このまま終わらないよね?ミステリーって・・・これ??」と、最後に近づくにつれそれは不安から裏切られた感、そしてこの長い時間を返せ感に変わっていったのでした・・・。

でも、この朝倉さんがすごいのは、文体ではないでしょうか?
すっっごく読みやすいですよ。
かなり完成したものなんぢゃないでしょうか?
うん、それがピカイチです☆
全然新人さんっぽくなかったです。
去年?の綿矢りささんや蛇とピアスとは何味も違いますよ!!
(あの新人賞はホント、新人って感じだった。こんなので賞がとれるのかと日本の文学界を懸念した笑)
「このミステリーがすごい」ってのも、賞のタイトルがよくなかっただけで、作品の善し悪しには関係ないですしね。
へんな肩書きが悪かっただけです。
もっと作者が成長って言ったら偉そうだから・・・えっと、変化したあとの作品を読んでみたいですね♪
[PR]
by sumomomomomomo55 | 2005-07-27 16:41 | 小説
<< smile サスケ 限りなく透明に近いブルー 村上龍 >>